衆議院議員候補(東京8区) 斎藤いくま を推薦します

衆議院議員候補(東京8区) 斎藤いくま を推薦します
斎藤いくま 政策リーフ

2011年7月31日日曜日

「フクシマ―労働運動と原子力の教訓」

サンフランシスコのレーバーフェスタの一環として、7月16日に行われたティーチイン、「フクシマ――労働運動と原子力の教訓」の中でのシンディー・シーハンさんの発言

022_CindySheehan

 私は来月、日本に行きます。8月6日は広島です。その日アメリカは、言語道断なことをしました。市民に対して原爆を使いました。数日後には長崎にも原爆を落としました。いまだに悔恨の情を示していません。
 それから沖縄に行きます。多数の米軍基地があります。基地がある所では犯罪が多く発生します。
 米軍基地は汚染物質を垂れ流します。「汚染」という言葉では足りません。環境を荒廃させのです。サンフランシスコ湾岸地域でも、オークランド、リッチモンドなどで米軍、軍産複合体による汚染が起こっています。
 企業は、人間より利潤を重視し、恐るべき破滅を引き起こしています。
 メキシコ湾ではBPはメキシコ湾で数百万ガロンを流出させる恐るべき事故を起こして、地域の住民を今も殺し続けていますが、石油流出が始まってから今にいたるも賠償していません。BPはもう汚染除去をやっていません。それが新自由主義、資本主義です。
 同じことが、世界中でおこっています。先週私が行ったイタリアでもそうでした。
 私は、日本で広島、長崎、沖縄、東京を回るのですが、最初の広島の日、8月6日は、私がクロフォードに行った日でもあります。(ブッシュに「私の息子がそのために死んだという『崇高な大義』とは何か」を問うためにシーハンさんが行ってキャンプを張ったクロフォードが当時、反戦運動の全米的な焦点になった)そこに来た広島の被爆者と出会いました。
 これは国際的な新自由主義に対する闘いです。
 新自由主義は、非常に巨大な貧富の格差をもたらしました。「アメリカは世界一だ」「世界一だ」とよくいわれますが、貧富の格差だけは、その通りですね。
 アメリカには、他のどの工業国より大きな貧富の格差があります。
 貧富の格差が拡大している主要な原因は――アメリカだけではなく世界中の現象ですが――労働運動がブルジョア政党と癒着していることです。
 〔共和党知事の労働組合破壊攻撃に対する激しい闘争が行われている〕ウィスコンシン州では、労組指導部は、それを共和党議員に対するリコール運動に集約しようとしています。しかしランク&ファイルの労働者は非常に怒っていて、熱心に闘っています。そういうブルジョア的政治ゲームに参加するよりも、ゼネストを呼びかけるべきであるという声が高まっています。労組幹部こそリコールされるべきです。
 ここカリフォルニアには民主党の知事になって、300億㌦の予算カット、賃下げと社会サービスのカット行われようとしています。
 カリフォルニアの億万長者に税金をかけないのです。
 オバマは、2008年10月に、他の民主党議員たちを引きずりこんで8500億㌦の銀行救済資金投入を支持させました。
 オバマ就任後2年たってますます明らかになったことは、彼が「平和を推進する大統領候補」の顔をして票を集めながら、実際には戦争を拡大したことです。そして失業が増え、住宅差し押さえが激増したことです。オバマは、みなさんから金をむしりとろうとしています。子ども、孫、父母、祖父母からも。
 オバマは、ブッシュさえできなかったこともやろうとしています。ソーシャル・セキュリティー(ニューディール期以来の連邦老齢・遺族・障害者年金制度)の破壊です。
 若者は、オバマの略奪者階級の利潤追求のための戦争の犠牲になり、高齢者の食料、医療、住居、暖房を犠牲にしています。学生は高等教育を奪われています。
 恐るべき社会にしようとしているのです。
 ここには、海外からの参加者に来ていますが、以前から、他の国の人は、アメリカのことを良く知っていました。われわれだけが、アメリカのことを知らなかっただけです。この国では「アメリカは『階級がない社会』で、誰でも富と特権を獲得するための同じ機会が与えられている」と教育され、育てられてきました。福祉に依存するのは怠け者なのだと。しかし、そうなるのは個人の問題ではありません。体制が問題なのです。
 労働者へのこれ以上の攻撃を許容するわけにはいきません。階級戦争には、反撃しなければならなりません。この階級戦争のために、「労働者階級のルネッサンス」が必要です。ブルジョア政党が抑圧しても、労働運動指導部が抑圧しても、労働運動ルネッサンスを実現する力がわれわれにはあります。われわれが闘う戦争は、階級戦争だけです。われわれは反撃します。

7・28~29国労大会で闘争終結を徹底弾劾!

110728kokuroutaikai 7・28国労大会の会場前で、敷地内に入れない警察とホテル、国労本部に抗議する組合員

 

 7・28~29国労第80回定期全国大会は、闘争団の切り捨て、労資一体化に転落する歴史的な大会となった。共に闘う国労の会は、解雇撤回を貫く闘争団員を先頭に、大会前日から伊東駅前に登場して、代議員・傍聴者へ、本部の運動方針を拒否して立ち上がることを訴えた。そして7月28日~29日の2日間を全力で闘い抜いた。

 第80回定期全国大会は異様な大会だった。会場であるホテルの敷地内に組合員を一歩も入れないために、警察、ホテル、本部会場係が阻止線を張ったのだ。そして、24年間の1047名解雇撤回闘争の終結を宣言し、闘争団員の組合員籍剥奪、そして労資一体化への道に踏みだし、連合化する重大な転換となる大会だった。

 和解を拒否し解雇撤回を貫く闘争団員を先頭に、組合員は全力でこうした本部の大会運営、そして大会方針を徹底弾劾して闘いぬいた。ホテル前で、組合員は次々に代議員と傍聴者にむけてマイクで訴えた。「24年間の闘いを投げ捨てるのか」「資本に屈服した本部を絶対に許すことはできない」「闘争団員の組合員籍を剥奪することは国労の労働組合としての死だ」「グリーンスタッフの青年が解雇されたら闘わないということではないか」と激しく本部を弾劾した。警察によってホテルの会場横に通行止めされた宣伝カーから大音響のアピールが、大会会場を直撃した。

 本部方針は、組合員の存在と闘いとは無縁であり、とりわけ平成採の青年の怒りとは全く無縁だ。「今こそ国労を組合員の手に取り戻すぞ」と、意気高く3日間の闘いをやりぬいた。

 

共に闘う国労の会サイトから転載

2011年7月30日土曜日

1047名解雇撤回!鉄建公団訴訟勝利!

8・3東京地裁抗議・街宣行動に全力結集しよう!

 東京地裁抗議街宣行動
 日  時  2011年8月3日(水)14時集合
 場  所  東京地裁正門前

 動労千葉鉄建公団訴訟第26回公判
 日  時  2011年8月3日(水)16時から
 場  所  東京地裁・527号法廷

児玉龍彦参考人 3・21の雨 7月27日 衆院厚労委員会

 専門家、研究者としての良心に発する政府に対する怒りに満ちた発言です。そして驚愕すべき内容です。

発言のテープ起こしは以下から。

https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0B7vwRbF52Oo0NmMyZjg1MTgtNTE0OS00MGZmLWFiOWYtMGVkNmRlOTFjMjE3&hl=ja

当日の資料です。

2011年7月29日金曜日

日刊動労千葉 第7172号

京葉構内外注化許すな!東労組に怒りの声を!
すでに協議を終わり、合意してしまっている!

 京葉車両センター構内業務外注化提案から1ヵ月半が経ったが、東労組は団交の申し入れひとつ出していない。現場では誰もが反対の声をあげているのに、提案から40日以上経つ今も何ひとつ声をあげていないのだ。要するに裏で全部認めてしまっているということだ。こんなことがあっていいのか。

日刊動労千葉 第7172号へのリンク

◆本部ニュース113号発行!

img_291382_5025144

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第113号へジャンプすることができます。

2011年7月28日木曜日

すべての原発いますぐなくそう! 全国会議

20110705

すべての原発いますぐくそう!
国会議

8.5結成集会 in HIROSHIMA

と き: 2011年8月5日(金)18:30~
ところ: 広島市東区民文化センター

略称: NAZEN   英語表記: Nonukes Zenkoku Network

動労千葉を支援する会2011年度定期全国総会

IMGP3378

 動労千葉を支援する会の2011年度定期全国総会が7月24日、千葉県労働者福祉センターで開催された。
 国鉄1047名闘争をめぐる4・9政治和解に抗して国鉄闘争全国運動をスタートしてから一年。動労千葉を支援する会は、その中心を担う組織への飛躍をかけて闘い抜いてきた。1年間で40を越える支援する会・全国運動の組織が職場・地域に結成され、1千口の会員拡大を実現してきた。こうした実践を踏まえ、今年の総会には北海道から沖縄まで全国各地の代表が結集し、現状と課題を出し合い、新たな闘いの方針を打ち立てた。

◆本部ニュース112号発行!

img_291382_5007397

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第112号のページへジャンプすることができます。

2011年7月27日水曜日

7.26総決起集会フォトレポート

PICT0354

 7月26日国分寺勤労福祉会館で、雇い止めを撤回せよ! 7.26総決起集会が開催されました。郵政非正規ユニオン、三多摩労働組合交流センター、合同・一般労働組合全国協議会、全国労働組合交流センター全逓労働者部会共催で、130名の結集でした。

◆本部ニュース111号発行!

img_291382_4981690

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第111号のページへジャンプすることができます。

2011年7月26日火曜日

7.24動労千葉を支援する会2011年定期総会

以下、フォトレポートです。

PICT0320

PICT0317 PICT0314
      【呼びかけ人: 伊藤晃さん】             【被曝地福島から】

PICT0318

【動労千葉からの提起: 田中康宏委員長】

◆本部ニュース110号発行!

img_291382_4961270

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第110号へジャンプすることができます。

2011年7月25日月曜日

7・17いわきで集会とデモ

線路を返せ! 職場を返せ! 故郷を返せ!
すべての原発をとめよう!

◆本部ニュース109号発行!

img_291382_4935444

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第109号へジャンプすることができます。

2011年7月24日日曜日

日刊動労千葉 第7171号

原発事故がもたらした恐るべき現実
こんな社会をかえよう

n7171_1 爆発する福島第一原発3号機(3/15)

 3月11日の大震災・原発事故から4ヶ月が経過した。しかし、未だ5千人もの行方不明者、家に帰ることもできない10万人の避難者がいる。
 高度の放射能汚染のために現場に立ち入ることさえできず、行方不明者を捜すことも、遺体を埋葬することも、汚染されたがれきを処理することもできない。その方策さえ決まっていないからだ。被災地は復興どころか汚染されたがれきの処理もままならない。震災の被害だけだったら、とうに復旧に向けて動き出していただろう。
 また、全国各地でも牛や魚、野菜、茶葉などの食品、あるいは下水道の汚泥、ゴミ焼却場の焼却灰など、放射能汚染が次々と明らかになっている。

日刊動労千葉 第7171号へのリンク

◆本部ニュース108号発行!

img_291382_4925314

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第108号のページへジャンプすることができます。

2011年7月22日金曜日

8.15労働者・市民のつどい

原発をとめよう 世の中をかえよう

シンディ・シーハンさん
ヒロシマ・ナガサキ、オキナワを語る

20110815

2011年8月15日(月)
正午 開場、午後1時 開会
なかのゼロ小ホール

◆本部ニュース106号発行!

img_291382_4889529

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第106号へジャンプすることができます。

2011年7月21日木曜日

日刊動労千葉 第7170号

家族会総会へ結集しよう!
7月30日(土)13時 DC会館

動労千葉を支援する会総会の成功をかちとろう

日刊動労千葉 第7170号へのリンク

◆本部ニュース105号発行!

img_291382_4864582

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第105号のページへジャンプすることができます。

2011年7月20日水曜日

ガサ国賠第4回期日

公安警察の違法なガサやり放題を
許さないぞ!
捜査令状自動販売機と化した裁判弾劾!

ガサ国賠5労組連絡会
(ユニオン東京合同、東部ユニオン、なんぶユニオン、
西部ユニオン、合同労組八王子)

PICT0293

20110720

ビラへのリンク

7.18三里塚緊急闘争

PICT0281

PICT0283

PICT0290

 天神峰現闘本部に対する強制撤去攻撃が切迫する中、反対同盟が呼びかける緊急闘争が255名の結集でたたかわれました。
 そもそも天神峰現闘本部裁判では現場検証などの証拠調べを頑なに行わないまま、一審反動判決・仮執行なし → 二審反動判決・仮執行付き(収去命令なし) → 地裁仮執行命令(収去命令付き)と、裁判所が反動裁判をエスカレートさせています。これは国家による証拠隠滅であり、なによりも市東孝雄さんの農地を奪う犯罪行為です。
 三里塚軍事空港建設は原発建設や軍事基地建設と並ぶ国策であり、その国策を押し通すためにはどのような無法もまかり通ってしまいます。しかし三里塚の怒りと福島の怒りがたたかう労働運動と結び付く時、労働者・農民・市民の壮大なたたかいがわき起こります。そのたたかいが3.11をもって始まったということです。
 職場・地域でのたたかいを軸に、緊急闘争が呼びかけられた際には三里塚現地に駆けつけましょう。

◆本部ニュース104号発行!

img_291382_4842717

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第104号のページへジャンプすることができます。

2011年7月19日火曜日

7・26総決起集会に集まろう!

20110726

7.26総決起集会ビラへのリンク

 一言でクビを切られてたまるか! 赤字の責任は会社にある!!
 非正規労働者は郵政非正規ユニオンを結成して立ち上がった!
 団体交渉をやってはっきりした! 会社は「解雇回避の努力」などなにもしていない。やっていることは組合の切り崩しばかりだ。解雇と同時にアルバイトを64人も雇っている。新たに雇うなら解雇するな! こんなでたらめな解雇は断じて認められない! 団結して闘えば勝てる! 解雇撤回まで闘おう!
 7・26総決起集会に集まろう!

東京多摩支店で郵政非正規ユニオンを結成!
ゆうメイトの闘いが始まった!

 東京多摩郵便局で非正規労働者の決定的な闘いが始まりました!
 15名に対する不当な雇い止め=解雇通告にたいして、ただちに郵政非正規ユニオンが結成され解雇撤回を要求して立ち上がったのです。
 すべてのゆうメイトのみなさん! 郵政非正規ユニオンに結集し、団結して共に闘おう!

赤字の責任を現場に押しつけるな

 いま日本郵便は、全国16万人の郵便局に働く非正規労働者に対し、次々と雇い止め=解雇通告を行っています。
 3月末の雇い止め通告、6月末の雇い止め通告に続き、さらに9月末にも雇い止めを策動しています。郵政民営化の破綻、とりわけJPEXと宅配統合(ゆうパック)の破産をすべて現場労働者の首切りと賃下げ(一時金カット)で乗り切ろうというのです。断じて許せません!
 これに対して、いま全国で反撃の闘いが巻き起こっています。「ふざけるな! 俺たちは使い捨ての道具じゃない!」「赤字の責任を現場労働者に押しつけられてたまるか!」過酷な深夜労働を強制し、低賃金で働かせてきた郵政資本に対して、現場労働者の怒りは極限にまで高まっています。いまこそ正規・非正規の壁と分断を打ち破って、闘う郵政労働者の団結を強固につくり出すときです。

「反原発・反失業」の闘いが大高揚

 大恐慌のもとで、いまや2000万青年労働者の2人に1人は非正規職という実態です。さらに3・11大震災以降、震災を口実にした解雇がまかり通っています。
 菅政権は「復興・創生マスタープラン」のもとに「原発安全宣言」を発し、あくまで原発を推進しようとしています。これは、国策としての原発ぬきには生きていけない資本主義=新自由主義の根幹にかかわるものだからです。被災地を切り捨て、資本の延命のためには労働者に一切の犠牲を押しつける――こんな社会は変えるしかありません。
 いま「反原発・反失業」を掲げる青年労働者の闘いは地に満ちあふれています。6・11全国100万人の決起、そして6・19フクシマ現地の闘いは、菅政権の末期的危機を直撃しています。

団結して立ち上がれば勝てる!

 新たに結成された郵政非正規ユニオンは、全国の非正規労働者、とりわけ郵便局に働く16万非正規労働者に限りない展望を示しています。いままで連合JP労組中央は、郵政資本と一体となって現場労働者の怒りと闘いを抑えつけてきました。団結を奪い、労働者の誇りを奪って、闘っても勝てないと思い込まされてきたのです。
 冗談ではありません! 職場を、社会を動かしているのは労働者です。労働者が団結して立ち上がれば勝てます。問題は労働組合と、闘う方針です。
 すでに郵政非正規ユニオンの第1回団体交渉で、デタラメな解雇の正体が暴かれています。「解雇回避の努力」などまったくなし、黙示の契約更新をしてきた15人の首を切って64人を新規採用――こんな不当労働行為が通用するはずはありません。労働組合で団結して反撃すれば勝てます。
 解雇撤回を貫く動労千葉(JRの労働組合)を先頭とする9割非正規社会を許さない闘い=国鉄闘争に続き、郵政の現場から非常勤労働者の雇い止め=解雇を撤回させ、正社員化を勝ちとる闘いに立ち上がろう!

◆本部ニュース103号発行!

img_291382_4830330

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第103号のページへジャンプすることができます。

2011年7月18日月曜日

会報・国鉄闘争全国運動第14号

news_14

会報・国鉄闘争全国運動第14号(2011年7月10日)が発行されました。

国労闘争団4原告声明

全国の闘う労働者のみなさん!国労組合員のみなさん!私達は「国鉄闘争全国運動」・
「共に闘う国労の会」の仲間達とともに、解雇撤回へ確信をもって闘い続けます!

2011年7月9日
鉄建公団訴訟原告 国労小倉闘争団   羽廣憲
         国労旭川闘争団 成田昭雄
         国労鳥栖闘争団 石﨑義徳
鉄運機構訴訟原告 国労秋田闘争団 小玉忠憲

 昨年の「4.9政治和解」に応じた原告団中央協議会・国鉄闘争共闘会議は、JR各社から「雇用ゼロ」回答を突きつけられ、6月24日に総会を開催して「もう展望はない」と「闘争の終結宣言」を行い、6月末日をもって解散することを決定しました。
 「雇用をとらないと路頭に迷う解決になってしまう」「雇用に責任をとる」(昨年5月総会)と断言していたことからすれば、あまりにも無責任な態度ではないだろうか!
 「4.9和解案」なるものは、①「不当労働行為や雇用の存在を二度と争わない」こと、「政府はJRへの雇用について努力する。ただし、JRによる採用を強制することはできないことから、人数等が希望どおり採用されることを保証できない」という「条件」を受け入れるというものであり、②これまでの闘いに応えるかのような形式をとって、しかしその内実は「不当労働行為はなかった、したがって解雇撤回も、年金回復も、謝罪も何もないこと」、要するに「国鉄の分割・民営化は正当だった」ということを、あろうことか解雇された当事者に認めさせ、認めたらカネをやるという不当極まりないものでした。
 こんなものを受け入れて、「今後、雇用確保にむけた国労運動」なるものを語ってもなんの意味もないと断言した私達は、絶対反対を表明し、こうした犯罪的「解決案」をキッパリ拒否し、訴訟を継続しながら、人生をかけて納得できる闘いを貫きたいと宣言してきたのです。
全国の闘う労働者のみなさん! 国労組合員のみなさん! 国鉄の分割・民営化-新自由主義攻撃との闘いは、決して過去の問題ではありません。いま青年労働者が置かれている大失業と制限なき非正規雇用、派遣型労働等の過酷な現実は国鉄分割・民営化から始まったのであり、国鉄1047名解雇撤回闘争は、労働者階級として「生きるためには引くことのできない」闘いです。そして文字通り青年労働者の未来を切り開くのか閉ざしてしまうのかという闘いでもあります。

 さる6月5日、私達の訴えに応えて日比谷公会堂で開始された「国鉄闘争全国運動」大集会には1780名が参集しました。ここに結集した仲間が、6.11反原発全国100万人デモの牽引車となり、さらに6.19怒りのフクシマ大行動には、東京電力と非和解で闘う地元住民と合流して、和解拒否の国労原告を始めとした「国鉄闘争全国運動」の勢力を中心に1510名の大集会とデモ行進を実現してきました。ついに国鉄闘争と反原発闘争が一体となって勝ちとられ、実に大きな可能性を切り開くことに成功したのです。

 しかし全国の国労組合員のみなさん! 国労本部執行部は、来たる7月28日~29日の第80回定期全国大会において、闘争団員から組合員資格を最終的に剥奪し、国労から排除する規約改定を強行しようとしています。このかん、東日本本部のオルグでは、執行部から「雇用問題については断念する。全国大会で終結宣言する。これをよしとしない人がいるが決めたとおり進める」「その先に新しい運動を展望することになる」という話が公然と出されています。
 闘争団を切り捨て、一括和解の名のもとに新たな差別を生み出す「新人事・賃金制度」と闘わず、「検修外注化」とも闘わず、資本言いなりの「総合労働協約」を締結し、JR資本との闘いの一切を放棄したら「その先に新しい運動を展望すること」などありえません!闘争団切り捨てとは、実はJRに対する国労全面屈服の奴隷の証なのです。組合員のみなさん!国労が労働組合として生きるか死ぬかの瀬戸際です。まだ間に合います! 現場から絶対反対の声をあげてください!

 和解を拒否した私達原告団と同弁護団は、6.7最高裁の上告棄却決定をはね返し、訴訟のみに依拠するのではなく、階級的労働運動の力と団結を軸にして今後も1047名解雇撤回闘争を貫き、これまでどおり闘うことを断固として宣言しました。
 心ある組合員のみなさん!国労運動を甦らせるために今こそ「国鉄闘争全国運動」と「共に闘う国労の会」に結集してください。私たちへの一層のご支援とご協力を心から訴えます。

「国労闘争団4原告声明」へのリンク

7.17いわき集会フォトレポート

110719a
110727

主 催: 国鉄水戸動力車労働組合

2011年7月17日日曜日

被爆66周年 8・6ヒロシマ大行動

86bill

「8.6ヒロシマ大行動ビラ」のダウンロード

 


福島を返せ! ふるさとを返せ! 未来を返せ! 子どもの命を守れ! 原発も核も放射能もない社会を実現するために闘いを開始しよう!――福島の労働者、農民、漁民、学生、母親と子どもたちの怒りの叫びです。それは66 年前、「にんげんをかえせ!」と立ちあがったヒロシマの被爆者の叫びとつながっています。福島で放出された放射能はヒロシマの80 倍。これ以上、核による被害、犠牲を出させてはなりません。被爆66 周年の8月6日、反核の原点の地・ヒロシマから、全世界へ力の限り訴えましょう。「ヒロシマを、そしてフクシマを絶対にくり返させない!」「すべての核と原発を廃絶せよ!」と。

人間が生き、働く喜びを感じ、子どもを育て、そして幸せに老いていく――福島原発事故は、こうした人間社会の営みと、それを支える自然を根本から破壊したのです。「私はお墓にひなんします ごめんなさい」――福島原発事故で生きる希望を奪われ自殺に追い込まれた南相馬市の93 歳女性の遺書です。福島の人々の命と生活を奪っておきながら、なおも「原発再稼働に国の存亡がかかっている」(JR東海会長)と言い放つ資本家や政治家たち。彼らは、反原発の闘いをおしつぶそうと「電力危機で日本経済が崩壊する」「雇用もなくなる」などと言っています。しかし、もうこんなおどしは通用しません! いま現に、私たちの生活を、青年と子どもの未来を、お年寄りの命を奪っているのは、彼らではないか。カネと暴力とウソで原発をつくり、原発労働者に被曝を強制し、ぼう大な「死の灰」と核兵器の材料(プルトニウム)を作り出しながら、ボロもうけをしてきた連中をやっつけなければなりません! 私たちが生き抜くために、 子どもの命と未来のために!

核も原発もない社会を実現するカギを握っているのは、電力労働者をはじめとする労働者です。戦後日本の労働運動と反核運動、反原発運動は一体でした。1978 年には「電産中国」という中国電力の労働組合が反原発ストを闘い、地元住民や他の労組とも団結して山口県の豊北原発建設を阻止しました。しかし、国鉄分割・民営化以来の「新自由主義」に多くの労働組合が屈し、力を失っていきました。その結果が、失業増、非正規化、安全崩壊、原発の乱立であり、今回の3・11 震災被害の拡大と福島原発事故です。今こそ労働組合をよみがえらせ、働く者が本当に幸せになる世の中をつくっていきましょう!

全原発の即時停止と廃炉を実現しよう。浜岡が止まり、「やらせメール」の玄海原発も巨大断層直下の伊方も再稼働はできません。すでに日本の原発の7 割近くが停止に追い込まれています。この夏こそ、全原発の即時停止・廃炉を決するときです。ドイツ、イタリア、全世界で原発廃止の流れは加速しています。フクシマ後初めての8・6ヒロシマで、全ての核と原発の廃絶を宣言する「世界大会」を開催しましょう。フクシマとヒロシマの怒りを結び、全世界の人々とともに行動に立ちあがりましょう!

 


■8・6ヒロシマ大行動 関連行事■
【反原発ヒロシマ集会】8月5日(金)午後6時~ 広島市東区民文化センター大ホール
【首相弾劾デモ】8月6日(土)午前7時~ 東千田公園(日赤病院前)→原爆ドーム前
【全国青年労働者交流集会】8月7日(日)午前10時~ 広島工業大学広島校舎大会議室
【イラク医師と米「反戦の母」シンディ・シーハンさんからの報告集会】8月7日(日)午後2時半~
広島市まちづくり交流プラザ(中区袋町 袋町小学校となり)

●8・6ヒロシマ大行動賛同金のお願い 1口1000円 個人1口から、団体3口から 
 郵便振替 01360- 1- 6222 口座名 8・6ヒロシマ大行動
★8・6ヒロシマ大行動は賛同金によって運営されています。 2口以上ご協力いただいた方には参加チケット1枚をお渡しします。
★8・6ヒロシマ大行動大集会参加チケット1000 円(被爆者・障害者・学生500 円 高校生以下無料)

日刊動労千葉 第7169号

構内業務2日勤の外注化阻止!
京葉車両センター門前で、連日、街宣行動に
起つ!

京葉支部、青年部(準)が先頭に起ち、平成採の仲間たちに
業務委託-出向阻止を訴える!


 全ての組合員のみなさん!
 JR千葉支社が6月に提案してきた京葉車両センター構内業務2日勤の外注化攻撃に対して、職場からの反撃が開始されている。


n7169_1

 

庁舎外で体操を行う京葉車両センターの仲間たちに「構内業務外注化阻止」を訴える(7/11)

 

 

 

n7169_2

 

 

京葉支部、青年部(準)を先頭に、日刊動労千葉が次々に手渡される(7/1)

 

 

 

 

 

日刊動労千葉 第7169号へのリンク

2011年7月16日土曜日

最高裁の鉄建公団訴訟棄却決定を弾劾する声明

最高裁の上告棄却決定を徹底弾劾し、勝利するまで闘い抜く

2011年6月9日      
鉄建公団訴訟原告団     
国労旭川闘争団 成田昭雄 
国労鳥栖闘争団 石﨑義德 
国労小倉闘争団 羽廣 憲 
鉄建公団訴訟弁護団

(一)
 昨2010年4月9日の「政治和解」を拒否して鉄建公団訴訟を継続して闘いぬいてきた成田・石﨑・羽廣の3原告に対して、最高裁判所は6月7日、上告棄却の決定を下した。
 鉄建公団訴訟原告団と同弁護団は、この最高裁の上告棄却決定を徹底的に弾劾する。
(二)
 4.9「政治和解」と6.28「裁判上の和解」をのりこえて鉄建公団訴訟を継続した3原告と新・弁護団は、昨年9、10、12月の3回にわたり、3原告の陳述書、上告理由補充書(2通)そして一審被告である鉄道運輸機構側の上告理由書等への反論の計数百ページにのぼる書面を提出した。
 弁護団が新たな観点から展開した、国鉄改革法(とりわけ23条)は違憲であるという主張に対して、最高裁はこれを正面からとりあげることから逃げ、「上告審として受理しない」との門前払いの決定を下したのである。
(三)
 最高裁が、この6月7日に上告棄却決定を下してきた理由は明らかである。
 この2日前の6月5日、国鉄闘争全国運動の全国集会が1780人の大結集でかちとられた。最高裁はこの集会の前に決定を下すことができなかった。闘いの火に油を注ぐことになるのを恐れたからだ。
 現在、3.11東日本大震災と福島第一原発事故に対する労働者人民の怒りが激しく噴出し、反失業と反原発の闘いが一体となって日ごとに盛り上がってきている。ここで、権力は、解雇撤回、国鉄分割・民営化絶対反対の闘いを24年間、不屈に闘いぬいてきた鉄建公団訴訟原告団がその闘いの牽引車となることを心底から恐怖し、鉄建公団訴訟そのものをなきものにしようとしたのである。
 そして、7月末には国労の定期全国大会が予定されている。そこにおいて、国労闘争団員から組合員資格を剥奪し、彼らを国労から排除する規約改定が強行されようとしている。この策動と軌を一にするものとして最高裁の上告棄却決定がある。
(四)
 最高裁はかつて1986年の国鉄改革法の制定にあたって、江見弘武・最高裁調査官を国鉄総裁室法務課調査役に出向させた。江見は葛西敬之(現・JR東海会長)と一体となって同法の核心条項である23条をつくりだした。その功により、江見は高松高裁長官退官後、JR東海監査役に就任している。
 また最高裁は2003年12月22日、各地の労働委員会が出した国労闘争団員らの救済命令を取り消す判決を下し、1047名解雇の責任はJRにないことを法的に確定させた。
 福島原発事故をとおして、全国各地の原発に対する住民訴訟を、2件を除いてことごとく退けてきた裁判所が「政府と東電ら資本家の番犬」であることが明らかになっている。
 今回の上告棄却決定も、国鉄分割・民営化反対、1047名解雇撤回の闘いに敵対し、圧殺するために一貫して立ち回ってきた最高裁の反労働者性・反動性を浮き彫りにするものである。
 鉄建公団訴訟原告団と同弁護団は最高裁の上告棄却決定をはね返し、階級的労働運動の力と団結を軸にして、今後も1047名解雇撤回闘争を貫きとおし、勝利するまで闘うことを断固として宣言する。

◆本部ニュース102号発行!

img_291382_4769874

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第102号のページへジャンプすることができます。

2011年7月15日金曜日

日刊動労千葉 第7168号

外注化-コスト削減のための手段選ばず

 検修・構内業務の外注化は絶対止めなければならない。JR東日本本社は、「当面、委託する業務量は1500人分」としている。それは東日本全体の検修・構内業務の約3割に当たり、1500人の仲間たちが強制出向に駆り立てられる。今回の京葉車両センターでの構内業務外注化は「1500人強制出向」への突破口だ。これを許したら、文字通り丸投げ外注化=転籍までのレールが引かれることになる。そうなれば雇用も安全も全てが破壊される。それは脅かしでも何でもない。現実にこの社会で起きていることだ。

日刊動労千葉 第7168号へのリンク

「共に闘う国労の会」会報第13号

第13号(2011年7月10日)
4者4団体の闘争終結宣言弾劾!
我々の闘争宣言

kaihou13 「共に闘う国労の会」会報第13号へのリンク

◆本部ニュース101号発行!

img_291382_4755099
↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第101号のページへジャンプすることができます。

2011年7月14日木曜日

7・17いわき集会

線路を返せ! 職場を返せ! 故郷を返せ!
すべての原発をとめよう!

7月17日(日)午後1時~
@いわき市・LATOV(JRいわき駅南口)
主催:国鉄水戸動力車労働組合

すべての原発を止めて子どもたちの未来を守ろう!

 3月の福島第一原発事故以来「直接健康には影響のない値」という政府発表によって、歴史上かつてない長期的放射線被曝が私たちに、そして子どもたちに強制されています。政府は、放射線の危険を「風評被害」と言います。それに対して原発を批判し続けて来た専門家は、被曝の危険性を訴え「逃げる」ことを勧めています。ところで、強制的に避難させられている人々を除き、何の保証もなく長期に避難できる条件がある人などほとんどいません。世界的大不況の時代に、自分たちの仕事や生活の場を離れて生きていける人がどれだけいるというのでしょう。まして、非正規雇用で低賃金にさらされている青年層は、避難して子どもを生み育てる条件の一切を奪われています。震災だけでなく、被曝もまた働いて生活している人々と、その子どもたちに厚く降り注いでいるのです。

政府、電力会社の責任逃れを許してはなりません!

 私たちは、被災地に踏みとどまり生きる以外にない者として、福島第一原発事故の速やかな収束と放射能の除染、地域の完全復旧、そしてすべての原発を止めることを菅政権と全電力会社に強く要求します。原発安全神話をまき散らし、全国で原発建設を推進してきた政府と電力会社は、事故の全責任を取らなければなりません。この責任を曖昧(あいまい)にした「増税」「電力料金値上げ」「労働者国民に対する責任転嫁」の一切に反対します。福島第一原発は、1号機から3号機まですべてがメルトダウンし、今日に至るまで高濃度の放射能で広範囲に海や空や土地のすべてを汚染し続けています。そして被曝による「晩発性」健康被害が出てくるのはこれからです。政府の主張する「風評被害」こそ、被災者と国民の中に分断を持ち込むことで自らの補償責任をごまかすための「風評」にほかならないのではないでしょうか。

国鉄分割・民営化、労働組合破壊からすべてが始まった!

 私たち労働者と地方は、大震災と原発事故以前から切り捨てられてきたのです。儲(もう)かればよいという市場原理に基づく「規制緩和・民営化」「新自由主義」の全国的推進によって地方経済が破壊され、労働者が非正規雇用に置き換えられてきました。その転換点が1987年の国鉄分割・民営化なのです。国鉄からJRへの転換によって、労働者の団結と労働組合が破壊され、地方線廃止による地方切り捨て、労働者の非正規雇用化が全社会的に進められました。こうして誰しもが危険だと思っている原発を、地方に受け入れさせる条件が整えられたのです。被曝を前提とした原発労働も、非正規・下請け労働者によって担われています。今回の大震災と原発事故は、地方切り捨てによって地方が原発と非正規雇用労働者の供給源とされてきたという冷厳な事実を示しました。そのあげくに、住むことさえできなくされてしまったのです。

原発・非正規雇用反対! 線路を復旧させ職場と故郷を取り戻そう!

 私たちは、この様な国鉄分割・民営化反対を貫き労働者としての団結を守り、24年間闘い抜いてきました。そして最高裁でもJR東日本に勝利し、奪われてきたもののすべてを奪い返す闘いに立ち上がっています。郵政民営化、さらに公務員制度改革?民営化によって政府・財界は、地方と労働者の切り捨てをさらに進めようとしています。実際、震災と原発事故を理由にした賃金・年金引き下げや解雇が、大量に行われています。政府と電力会社は、原発事故の責任を居直り、休止中の原発の再稼働と建設をはかり、ツケの一切を労働者大衆に支払わせようとしています。これが、いま進められていることの真実です。私たちは、こうしたことを絶対に許しません。福島第一原発事故の収束と共に、すべての原発を停止し、放射能を除染せよ! これを前提として常磐線と地方の復旧が可能になるのです。闘う労働組合を甦らせ、線路と職場と故郷を取り戻すために私たちと共に闘いましょう!

◆本部ニュース100号発行!

img_291382_4737415

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第100号のページへジャンプすることができます。


闘いはこれから。被災地労働運動への闘争資金カンパを訴える!
カンパアピール

 皆さんこんにちは。現地対策本部の谷和司です。3月11日から120日が過ぎました。
 私たちは、生き抜き闘いぬくためには団結し組織的力となって行動することが必要でした。このとき動労千葉と全国労組交流センターが救援対策本部を立ち上げ、全国の仲間の皆さん、そして海外の仲間の皆さんの私たち被災地への救援の物資・カンパを送っていただいたこと、本当にありがとうございました。
 労働者・労働組合の全国組織、国際的な連帯組織があることが本当にすごいことなんだということを、今改めて感じています。
 私たちは被災地労働運動を、8・6ヒロシマ~8・9ナガサキと団結し、11月労働者集会へ、2012年へと大きな運動としてひろげていきたいと決意しています。
 全国の仲間の皆さん、再度の被災地へのご支援、カンパを心から訴えます。

被災地に階級的な労働運動を作り出す

 世界大恐慌下の3・11大震災と原発事故は、日本資本主義を崩壊させる歴史的情勢となっています。起きていることはむき出しの階級戦争です。私たちは被災地の現実、何よりフクシマの怒りを知れば知るほど、この被災地にこそ階級的な労働運動をつくりださなければならないと思っています。
 福島の仲間は、3月11日直後の3月20日に労働組合の赤旗を立てて街頭宣伝に決起しました。この怒りの決断と行動が6月19日の1510名の反原発、怒りのフクシマ行動を実現した根源的な力だと思います。
 福島に続いて仙台でも新たなたたかいが自治体で、そして震災解雇と闘う合同労組のたたかいがはじまりました。
 郵政での政治休戦と復興キャンペーンを打ち破って労働組合を甦らせるたたかいの開始は、4月12日からの週2回の救援本部ニュースの局前朝ビラでした。この朝ビラ行動は労働組合運動そのものです。この本部ニュースは、職場の雰囲気を一変させています。自分が被災しているにもかかわらずカンパをしてくれる仲間があらわれました。
 職場の仲間には怒りが充満しています。
 職場の闘いを組織しない組合の日常のあり方はなぜと聞けば、当局が「勤務時間中の組合活動は認めない」と言っているからできないと支部役員が言うのです。この関係の中で当局は、「ノルマと自己責任」の分断と支配をしてきたのです。

一から労働組合を作り出していく闘いを開始

 職場の青年労働者が原発問題に関心を持ち、政治的な意識が高まってきています。動労千葉の分校としての労働学校に参加する青年が新たに出てきています。
 今起きているこれらのことは青年労働者は行動と組織を求めているということです。
 労働者が団結したら職場の状況は一変します。
 被災地での「一から労働組合をつくりだしていく」闘いは始まりました。
 全国の仲間の皆さん。今一度私たちのたたかいへのご支援を心からお願いします。


救援カンパの送り先
○郵便振替口座
口座番号00150-9-408647
 加入者名 全国労働組合交流センター
※通信欄に「被災地カンパ」と明記のこと
○三菱東京UFJ銀行 仙台支店(店番314)
普通預金0226731谷和司(タニ カズシ)
※物資については必ず事前連絡を!

2011年7月13日水曜日

日刊動労千葉 第7167号

JR東日本 「新人事・賃金制度」を再提案
賃下げと外注化攻撃粉砕へ、
職場から反撃しよう!

基本給表の廃止による労働者の団結破壊が目的!
生活破壊する「新人事・賃金制度」を粉砕しよう!

 7月1日、JR東日本は、一旦延期していた「新人事・賃金制度」について、来年4月1日から実施するとの修正・再提案を行ってきた。
 「新人事・賃金制度」についてJR東日本は、今年1月13日に提案し、「4月1日実施」するとしていた。しかし、職場からの反対の声が高まるとともに、東日本大震災が発生したことを理由にして、「4月1日実施」については一旦延期されたいた。
 今回の修正・再提案の内容は、実施期日を来年「4月1日」としたことに伴い、関係する年月日を1年繰り下げただけで、具体的な中身は今年1月13日に提案された中身と全く同じものだ。

日刊動労千葉 第7167号へのリンク

◆本部ニュース99号出来ました!

img_291382_4717047 
↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第99号のページへジャンプすることができます。

2011年7月12日火曜日

日刊動労千葉 第7166号

エルダーを希望する労働者の切実な要求を悪用して構内業務委託を進める千葉支社を許すな!

希望した勤務地への就労は拒否-京葉車両Cの構内業務委託に協力すれば希望地へ就労させるという悪辣な組織破壊攻撃を粉砕し、業務委託を阻止しよう!

 7月5日、習志野運輸区において、エルダー制度を希望しているS君に対して区長が、エルダーでの勤務地等を記した「出向先の就労条件等について」の書面を提示した。
 S君は、エルダー制度で働くにあたり、①習志野運輸区、②京葉車両センター、③成田空港駅のいずれかでの勤務を希望していた。
 しかし、当日区長から提示された就労条件の書面には、「千葉東事業」と記載されており、S君が当初希望した勤務箇所は記載されていなかった。しかも、実際の作業を行う場所は、千葉駅から外房線では大網駅まで、内房線では姉ヶ崎駅までの駅舎の清掃となっていたのだ。
 この間、エルダー制度による勤務地については、本人が希望した場所での勤務になっており、希望地と全く異なる場所が指定されるなどなかったことだ。
 このような、本人の希望を拒否すること自体、絶対に許すことはできない。

日刊動労千葉 第7166号へのリンク

7.17いわき集会

すべての原発をとめよう! 1.17いわき集会

img20110717

◆本部ニュース98号出来ました!

img_291382_4704700

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第98号のページへジャンプすることができます。

2011年7月11日月曜日

日刊動労千葉 第7165号

幕張・ライフサイクル配転差別事件
第3回審問(7・1)
山田支部長-役員の配転が100%不当労働行為
であることを証言

検修業務外注化に反対する動労千葉を敵視した
不当労働行為を絶対に許さない!

 7月1日、13時から、千葉県労働委員会において、「幕張・ライフサイクル配転差別事件」の第3回審問が行われ、幕張支部・山田支部長が証人として出廷し、08年秋頃から露骨に始まった交番検査からの動労千葉排除及び山田支部長に対する派出への配転策動、そして支部三役をはじめとした本件配転が、業務の外注化に反対する動労千葉を敵視したJR東日本の明確な不当労働行為=幕張支部破壊であることを証言した。

日刊動労千葉 第7165号へのリンク

7・10 反原発・反失業 吉祥寺デモ②

7月10日、合同労組八王子/東京西部ユニオン/東京北部ユニオンの青年労働者を中心にして、反原発・反失業 吉祥寺デモⅡを貫徹しました。炎天下の吉祥寺を席巻し、反原発・反失業・国鉄闘争勝利・闘う労働組合を甦らせようのコールが轟きました。
詳細は後日。

PICT0278 PICT0279

◆本部ニュース97号出来ました!

img_291382_4688226
↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第97号のページへジャンプすることができます。

2011年7月10日日曜日

動労千葉を支援する会2011年定期総会のご案内

 動労千葉を支援する会・国鉄闘争全国運動の会員の皆さん。たたかう労働組合、労働者のみなさん。
 私たちは昨年6月、国鉄1047名解雇撤回闘争の解体を狙った「4・9政治和解」に対して、「国鉄闘争の火を消してはならない」と訴えて国鉄闘争全国運動をスタートさせました。動労千葉を支援する会は、昨年7月の総会で「国鉄闘争全国運動」を担う支援する会に飛躍しようという運動方針を確立し、これまでに40の地域や職場に動労千葉を支援する会(全国運動)を立ち上げ、この1年間で1千名の会員を拡大してきました。労働運動の惨憺たる現実に抗して、動労千葉の反合運転保安闘争に学び職場から闘う労働運動をつくり出す闘いを前進させてきました。動労千葉は4・9政治和解の核心が動労千葉つぶしにあることを見据え、何度もストライキに立ち上がり、業務の全面外注化を阻止し組織拡大を実現しました。
 この渦中で起きた3・11東日本大震災と原発事故は情勢を一変させました。この大震災によって引き起こされた事態は国家と資本による犯罪であるにもかかわらず、政府・資本は労働者への攻撃を激化させています。一方で被災地の怒りは激しく噴き出しています。震災解雇は深刻になり、放射能汚染は労働者をはじめすべての人々の生命を脅かしています。反原発のうねりは日増しに大きくなっています。しかし、連合や全労連は「政治休戦」「挙国一致」のもとですべての闘いを放棄するだけでなく、怒りの声を押さえつける先頭に立っています。
 こうしたなかで国鉄闘争全国運動スタート1周年を期して「6・5大集会」が全国から1780人が結集して開催されました。6・5集会は第1に、この大震災情勢の中で国鉄1047名解雇撤回を真正面から訴え、労働組合の再生を掲げてかちとられました。「働く者の権利、生きる権利から出発することです。労働運動こそその主体です。全国運動の中にこそすべての芽がある」「もう沈黙は許されない。闘う労働組合の旗を全国に張りめぐらそう」「全国運動の存在価値が輝いて、連帯と運動を強めていくべき時」。よびかけ人の全国運動にかける思いが集会をけん引しました。第2に、国鉄闘争と被災地の怒り、反原発のたたかいが結びついたことの大きさです。「子供を守ってほしい」という被災地の切実な訴えは全国運動への重大な問題提起でした。この怒りの声に応え、6・11反原発闘争の大爆発と6・19福島現地闘争への決起が勝ちとられました。膨大な反原発の怒りの声と全国運動が結びつくなかに、未来を切りひらく展望があります。第3に、反失業、非正規の怒りと結びつき、職場から闘いが開始されていることです。職場から団結をつくり、労働運動を再生させる闘いが次々に始まっていることを示しました。
 6・5集会は、国鉄闘争全国運動の課題があらためて労働運動の復権にあることをはっきりさせました。6・5集会の切りひらいた地平の上にたって、2011年定期総会を開催します。全国各地で結成された支援する会、全国運動をどう発展させていくか、各組織の経験を共有しながら討論のなかで運動方針を確立したいと思います。討論の柱は以下の3点です。①各地域・職場で労働運動や大衆運動がどう実践されているか把握し報告する ②物販闘争を位置づけ支援する会(全国運動)がオルグ・組織化の主体になる ③各会が自立した運動体として飛躍するために具体的な方針を確立する。それぞれの組織で討論し参加して下さい。また動労千葉組合員との交流も深めたいと思います。支援する会会員、職場・地域で闘う多くの仲間の皆さんの参加を呼びかけます。各地域の支援する会の代表をはじめ、国鉄闘争全国運動のすべての組織から代表者の参加をお願いします。

2011年6月30日
動労千葉を支援する会
千葉市中央区要町2― 8 DC会館
℡043 (202) 7820

 


動労千葉を支援する会2011年定期総会

日時 7月24日(日) 10時~ 16時
場所 千葉県労働者福祉センター3階
千葉市中央区千葉港4― 4

※昼食(弁当)を用意します。各地域の支援する会は参加者を事務局まで連絡して下さい。個人で参加の方は直接事務局まで連絡お願いします。
※総会終了後、動労千葉組合員との懇親会を予定しています。
昼食500円 懇親会費1500円

 

ご案内へのリンク

2011年7月8日金曜日

日刊動労千葉 第7164号

外注化で俺たちの未来を奪うな!

 検修 構内業務外注化攻撃が始まったのは2001年からであった。しかし、この10年、他支社では外注化がどんどん拡大されたが、外注化を許したのは京葉車両センターの車輪転削業務だけであった。
 今、京葉車両センターでの構内外注化提案が出されている。構内業務という基本的な部分に手がつけられようとしている。それは、車輪転削とは全然違う意味をもつものだ。職場から怒りの声を結集し、絶対に止めなければならない。

日刊動労千葉 第7164号へのリンク

◆本部ニュース第95号出来ました!

img_291382_4628682

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第95号のページへジャンプすることができます。

2011年7月7日木曜日

7・17いわき集会

線路を返せ! 職場を返せ!
故郷を返せ! すべての原発をとめよう!
7・17いわき集会


7月17日(日)午後1時 ※集会後デモ(予定)
LATOV(ラトブ)6階(常磐線いわき駅南口すぐ:福島県いわき市平字田町120番地)
主催/国鉄水戸動力車労働組合
協賛/ふくしま合同労組、茨城県地域連帯労組、福島県労組交流センター、茨城県労組交流センター、東日本大震災現地救援対策本部

日刊動労千葉 第7163号

国鉄闘争の火を消してはならない!
―4者4団体の「闘争集結」に際して訴える―
闘いの旗を降ろしてはならない
6月24日、原告団・国鉄闘争共闘会議が「闘争終結」を表明した。
同日に開かれた共闘会議総会で、二瓶議長が「政党関係者から『JR雇用はゼロ』と聞かされた。不満だがもう展望はない。共闘会議も闘争を終結し、6月30日で解散したい」と提案。出席者からは、「政府やJRの対応がひどいのは予測できたことだ。それよりこの1年間何の運動もしてこなかったことが納得できない。これでは尻きれトンボだ」「JR7社の声明を認めることはできない。共闘会議解散に反対する。雇用を拒否したJRに抗議すべきだ」「当事者にも納得できない者がいる」等の反対や抗議の声が相次いだが、「闘争終結・解散」はすでに事務所の撤退まで含めて準備され、後戻りのできないものであった。新聞報道でも「24年超にわたる闘いは後味悪い結末を迎えた」と書かれている。4者4団体は「雇用」を放棄して最終的に闘いの旗を降ろした。
日刊動労千葉 第7163号へのリンク

2011年7月6日水曜日

◆本部ニュース第94号出来ました!

img_291382_4610811 ↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第94号へジャンプすることができます。


↓このリンクをクリックすることで、本部ニュース第94号のページへジャンプすることができます。
http://blogs.yahoo.co.jp/shinsaikyuenhonbu/4610811.html

◆本部ニュース93号出来ました!

img_291382_4598289

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第93号へジャンプすることができます。

↓このリンクをクリックすることで、本部ニュース第93号のページへジャンプすることができます。
http://blogs.yahoo.co.jp/shinsaikyuenhonbu/4598289.html

日刊動労千葉 第7162号

第65回定期委員会において
基地再編攻撃絶対反対!京葉構内外注化阻止!への取り組みを決定

 動労千葉は6月26日、第65回定期委員会を開催し、この夏から秋へ向けての闘いの方針を決定した。
 委員会は開会あいさつ、資格審査発表の後、議長に幕張支部の小沢委員を選出し、議事が進められた。
 議事は、委員長あいさつ、経過報告、当面するとり組みと進められた。経過報告を繁澤副委員長、取り巻く情勢を川崎執行委員、当面するとり組みを長田書記長が提案した。協約・協定締結承認を山口交渉部長、共済適用承認を後藤執行委員が提案した。

日刊動労千葉 第7162号へのリンク

4者4団体の「闘争終結」に際して

動労千葉が声明

国鉄闘争の火を消してはならない!
―4者4団体の「闘争終結」に際して訴える―

闘いの旗を降ろしてはならない

 6月24日、原告団・国鉄闘争共闘会議が「闘争終結」を表明した。
 同日に開かれた共闘会議総会で、二瓶議長が「政党関係者から『JR雇用はゼロ』と聞かされた。不満だがもう展望はない。共闘会議も闘争を終結し、6月30日で解散したい」と提案。出席者からは、「政府やJRの対応がひどいのは予測できたことだ。それよりこの1年間何の運動もしてこなかったことが納得できない。これでは尻きれトンボだ」「JR7社の声明を認めることはできない。共闘会議解散に反対する。雇用を拒否したJRに抗議すべきだ」「当事者にも納得できない者がいる」等の反対や抗議の声が相次いだが、「闘争終結・解散」はすでに事務所の撤退まで含めて準備され、後戻りのできないものであった。新聞報道でも「24年超にわたる闘いは後味悪い結末を迎えた」と書かれている。4者4団体は「雇用」を放棄して最終的に闘いの旗を降ろした。

「闘争終結」に至る経過

 「雇用問題の解決」は、昨年の政治解決案で、「政府はJRへの雇用について努力する。ただし、JRに採用を強制することはできないことから、人数等が希望どおり採用されることは保証できない」とうたわれたものであった。だが、政府は当初から本気で雇用を確保する気などなかったことは明らかであった。
 一方、4者4団体は「雇用がなければ闘いは終わらない」「雇用がなければ路頭に迷い敗北だ」と言っていた。だが、実際は、「JRへの要請行動や地方議会等への要請は中止する。政治の窓口に委ねるのが最善の道」(昨年7月の国労全国大会)というのが「方針」であった。つまり「何もしない」ということだ。さらにこの3月には、大震災を理由として、「雇用問題の取り組みを中断します」という4者4団体声明が出され、5月には、国労本部濱中書記長が「雇用問題の解決は震災発生以降、かなり厳しくなったのではないかと認識している」と公言していた。これは、「雇用などいらない」と表明したに等しいことであった。
 こうした中、民主・国民新・社民3党の申し入れを受け、国交省が6月13日にJR7社に「雇用」を要請したが、JR側はその場で7社連名の文書を提出してそれを拒否した。
 国交省はJRのこの対応に不快感を示したというが、JR北海道や九州、貨物の株式は今も100%国が保有しており、その権限を行使すれば「解決」はついたことである。JR側は、政府が本気でやる気などないことを承知していた。
 一方、4者4団体はこの事態に抗議声明すら出さず、「もう展望はない」と唐突に闘争終結を宣言したのである。
 ブログなどでは何人もの闘争団員から怒りの声があげられている。しかしその声は無視され、闘いはあっけなく投げ捨てられた。

何のための闘いだったのか

 1047名闘争は、一人ひとりの闘争団・争議団やその家族にとっては、24年にもわたる文字通り人生をかけた闘いであった。それがこんな形で終わっていいはずはない。何のための24年間の闘いだったのか。国労本部をはじめとした4者4団体の幹部たちの思惑によって誇りを打ち砕かれ、翻弄されていいはずはない。
 とくに国労本部は、当初から、不当解雇された組合員を全力を尽くして守り、支えようとはしなかった。はじめから「お荷物」であった。建前と本音が天と地ほど違う状況の中、闘争団は苦しい生活と闘いを余儀なくされ、闘いは国労本部とも激しく衝突せざるを得なかった。それでも1047名闘争は輝きと力を失わなかった。その全過程を支えてくれたのが全国の支援の仲間たちであった。
 4者4団体の形成をきっかけに闘いの様相はさらに一変した。政府やJRに対する大衆的な闘いは放棄され、民主党に「白紙委任状」を出すなど、政治工作だけが「運動」となり、職場では資本との「包括和解」が進められた。民営化-国家的不当労働行為への怒りの声、当初は誰もが訴えていた労働運動再生への熱い思いはほとんど聞かれなくなり、闘いの長さ、困難さだけが強調されるようになった。今回の闘争終結でも、その理由は、「一区切りつけてやらないと闘争団が可哀相だ」と説明されている。
 しかし、その結果生まれたのは、闘争団の生活や闘いを支える支援の力の離反であり、政府や連合に感謝の意が表される一方、闘いの継続を訴える者は「妨害勢力」と呼ばれる本末転倒した姿であった。

「政治和解」から1年目を逸らしてはならないこと

 こうした状況の中、昨年4月9日、「政治和解」が成立した。しかし、それは、「人道的解決」の名のもとに、民営化や国家的不当労働行為による大量解雇、吹き荒れた労組破壊攻撃の社会的責任・法的責任を不問に付すものであった。
 それから1年。誰もが目を逸らして語ろうとしないが、現実に進行したことは労働運動とその未来にとって大変な事態であった。
 国労は「和解」した途端に闘争団員の組合員資格をはく奪し、連合加盟の意志を表明し、「これからは企業内組合に撤する」として、就業規則そのものである「総合労働協約」の締結をJRに申し出て、この7月の国労全国大会では、JRに雇用された者だけを組合員とする「規約改正」案が提出されようとしている。
 戦後日本の労働運動の牽引車であった国労、そうであるがゆえに分割・民営化攻撃の矛先が集中した国労が、1047名闘争の旗を降ろした途端にここまで転落し、そして今、「闘争終結」が表明されたのである。

勝利の展望は闘いの中にある

 1047名闘争は、国鉄分割・民営化から始まった新自由主義攻撃への対抗力であり、反撃の拠点であった。国鉄分割・民営化で何が起き、それ以降労働運動がどれほどの後退を強いられ、労働者がどれほど酷い現実におかれていったのか。そのことを考えたとき、1047名闘争がこんな形で旗を降ろしたとき、労働者の権利、労働運動の未来は一体どうなるのか。
 われわれはそうした時代への危機感をもって、昨年6月、「国鉄闘争の火を消してはならない」と訴え、国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回を支援する全国運動(国鉄闘争全国運動)を立ち上げた。この訴えは、呼びかけ人を先頭とした全国の仲間たちの努力によって大きく広がりはじめている。40の地域や職場に全国運動の地方組織や支援する会が結成され、新たな闘いが根を張りはじめている。
 われわれがこの運動で目指すのは、第1に、労働運動の後退・権利喪失の原点となった国鉄分割・民営化を絶対にあいまいにせず解雇撤回をかちとること、第2に、新自由主義攻撃に立ち向かう全国の労働者の階級的団結をつくりだすこと、第3に、どんなに小さな芽であっても職場から自主的な闘いをつくりだすこと、第4に、全国の力で解雇された仲間たちを支えることだ。
 動労千葉は、この1年、5波のストライキに立ち上がり、業務の全面的な外注化攻撃を阻止した。相次ぐ組織破壊攻撃との困難な闘いの過程だったが、JR千葉支社では10年にわたり、検修・構内業務外注化を阻止し続けている。この闘いの渦中で若い仲間たちが動労千葉に結集しはじめている。
 労働組合の力は職場の団結にあり、勝利の展望は闘いの渦中でこそ生まれる。われわれは、どんな困難なときもこの原点を忘れずに闘い続ける決意だ。

労働運動の危機と国鉄闘争

 3月11日の大震災と原発事故を契機に情勢は一変した。高濃度の放射線によって無数の人々が生命の危機にさらされ、すでに全国で数十万人の労働者が職を失って路頭に迷い、被災地の悲惨な現実を口実として政府の号令一下、公務員労働者の賃金が削減され、農・漁業は壊滅的な打撃を受け、大増税や社会保障制度の解体攻撃が襲いかかろうとしている。
 怒りの声は社会の隅々まで積み上がり、デモとなり、政府や東電への抗議行動となり、生き抜くための闘いとなって燃え上がっているというのに、労働運動の深刻な危機が生まれている。多くの労働組合はこの現実に抗議の声すらあげず、「復興」の名のもとにナショナリズムや挙国一致が煽られる中、階級的視点や闘いが放棄されている。
 JRの職場でも、昨年の「政治和解」をきっかけに、「国鉄分割・民営化の総決算」というべき攻撃が始まっている。JR東日本は、国鉄労働運動の最後的な解体を狙って、JR東労組と手を結んだ分割・民営化以来の職場支配・労務政策の大再編に踏み出した。その前提となったのが1047名闘争の「政治和解」と国労の労資協調路線への転落だ。
 業務の全面的なアウトソーシングによる雇用破壊・非正規職化、基地・職場の大再編による団結破壊、賃金制度改悪等、「民営化の完成」に向けた労働者への攻撃が激しく吹き荒れている。
 われわれは、解雇撤回・外注化阻止の闘いを軸に、この攻撃に組織の総力をあげて立ち向かい、その渦中で何としても組織拡大を実現する決意を固めている。

国鉄闘争の火を消すな

 われわれが国鉄闘争の中で追求してきた課題がより普遍化し、より切実に求められる時代が到来している。国鉄闘争の火は絶対に消してはならない。労働運動の復権こそがこの時代に求められている最先端の課題だ。われわれは、それがいかに困難な課題であっても、確信をもってこの道を進むことを決意している。国鉄闘争の火を消すな。1047名解雇撤回、業務外注化阻止、新自由主義・震災解雇と闘う反原発・反失業大闘争をつくりだそう。
 全国の仲間たちに訴えます。わたしたちは闘い続けます。国鉄闘争全国運動、動労千葉の闘いへのさらなるご支援をお願いいたします。

2011年7月5日火曜日

日刊動労千葉 第7161号

「銚子運転区廃止-大幅縮小許すな」
怒りの声が響きわたる

n7161_2 「俺たちは、組織破壊とローカル線切り捨てに断固反対して闘うぞ」

日刊動労千葉 第7161号へのリンク

◆本部ニュース第92号出来ました!

img_291382_4580197

↑この画像をクリックすることで、本部ニュース第92号のページへジャンプすることができます。