衆議院議員候補(東京8区) 斎藤いくま を推薦します

衆議院議員候補(東京8区) 斎藤いくま を推薦します
斎藤いくま 政策リーフ

2017年6月2日金曜日

日刊動労千葉 第8290号

国際連帯の力で基地も戦争もとめよう!
5・13~15沖縄闘争を闘いぬく

 5月13~15日の沖縄闘争に大竹副委員長、渡辺青年部書記長が参加した。韓国・民主労総から2人の仲間が参加し、全国の仲間とともに闘いぬいた。
 1日目は国際通りデモの後、非正規職撤廃・基地撤去、朝鮮侵略戦争阻止を掲げて『復帰』45年5・13沖縄集会が250人の結集でかちとられた。
 2日目は、瀬嵩の浜で行われた県民大会・デモに参加し、夕方にはIJBS労組支援共闘会議総会が開催され、100人の仲間が結集した。
 また3日目には、早朝のIJBS門前闘争を闘った。
 13日、14日の集会での2人の発言を紹介します。

『復帰』45年 5・13沖縄集会
大竹哲治副委員長の発言


 ゼネストを闘い、パククネ打倒の勝利をかちとった民主労総の闘いに敬意を表します。
 安倍政権は、共謀罪を「テロ対策」「オリンピックが開けない」などといって強行しようとしています。しかし、これは現代の治安維持法であり、労組根絶の攻撃です。動労千葉の闘いでいえば、分割・民営化反対のスト決定の時点で刑事罰の対象になっていたということです。
 分割・民営化体制は崩壊しています。JRは「戦略的ダウンサイジング」「地方からの撤退」などといって地域切り捨ての先頭に立ち、北海道では半分の路線が廃線を狙われています。
 職場では、全面的な外注化、何十もの会社への分社化と転籍の強制への攻撃が行われています。千葉支社では、直営の駅はすでに3割しかありません。
 1047名解雇撤回闘争では不当労働行為を最高裁で認めさせました。新たな展望を開いています。解雇撤回・原職復帰へ、JRに直接団体交渉を求め、新たな署名も開始しています。
 分割・民営化から30年、大きな岐路を迎えています。社会の総崩壊という事態に、戦争と民営化に反対する新たな闘いをつくりましょう。国鉄闘争を中心に、労働運動の復権へ。6・11国鉄集会への結集をお願いします。集会には、韓国・鉄道労組ソウル本部長も参加します。
 私たちの団結した闘いと国際連帯の力が、辺野古新基地建設と改憲・戦争を止め、非正規職を撤廃させる力です。その先頭で闘う沖縄の仲間とともに、動労千葉も闘います。

5・14IJBS労組支援共闘会議総会
渡辺剛史青年部書記長の発言


 沖縄の地で、先頭に立って闘うIJBS労組のみなさんに敬意を表します。
 IJBS労組支援共闘結成の年に、青年部の4人で沖縄闘争に来たことが、支援のきっかけでした。それから4年の間に、ライフサイクルで駅に行かされていた北嶋青年部長は運転士に復帰しました。私や内山くんは、強制出向させられた後、「出向解除」の名のもとに仕事を奪われました。
 CTSにも青年部員が入り、「5年で一旦解雇」の攻撃に対して、「65歳まで働く意志がある」といえば無期転換すると認めさせました。200人以上が対象になる中、5年解雇をさせない闘いをやってきました。
 毎回、沖縄からは元気をもらって帰っています。IJBS労組の仲間の闘いも、長い闘いになると思います。基地建設反対の闘いもそうですが、闘いを終わらせないことが大切だと思います。共に闘いましょう。

日刊動労千葉 第8290号へのリンク