衆議院議員候補(東京8区) 斎藤いくま を推薦します

衆議院議員候補(東京8区) 斎藤いくま を推薦します
斎藤いくま 政策リーフ

2016年4月14日木曜日

外注化阻止ニュース 第257号

http://www.doro-chiba.org/ga/gaityuuka257.pdf


CTSで大幅賃上げを
動労千葉 CTSと春闘賃上げ交渉

 動労千葉は4月8日、2016年度の新賃金と労働条件についてJR千葉鉄道サービス(CTS)と団体交渉を行いました。
・基準内賃金3万円の引き上げ
・契約社員・パートの社員並みの定期昇給の実施
・徹夜勤務手当てや住宅手当ての新設
――などの要求を申し入れました。組合員アンケートに基づく要求です。
 さらに、雇用形態の変更や手当て減額を伴う就業規則改悪についても「直ちに白紙撤回すべだ」と改めて求めました。

〝率直に言って生活できない〟

 初めて団体交渉に参加した木更津支部の組合員は「CTSに入って3年だが、率直に言って生活できない。手取りは12~13万円。何もかも切り詰めても手元には何も残らない。借金生活に陥るかもしれない。生活できる手取額を」と切実な声を伝えました。
 以下、交渉の一部です。

組合 会社は12万円で生活できると思っているのか?
会社 12万円なら12万円で生活する。12万程度で生活したこともある。
組合 あなたたちはいくらもらっているんだ。いまの賃金水準でいいと思っているのか?
会社 現状ありきではない。社会環境も変わってきている。しかし経営状況から判断する。
組合 労働者と雇用契約を結ぶ以上、生活できる賃金の保証は会社の義務だ。
会社 清掃業務は決して低い賃金水準とは思っていない。
組合 幕張事業所は2年前と比べ20人近く減っている。新しく来た人もまったく定着しない。全般清掃や床ポリッシャーも満足にできない。基本的な清掃業務が破綻した結果、清掃関係の収入が減っているのではないか?
会社 そういう状況は認める。清掃関係では約5千万円の減収。
組合 賃金が安いから辞める人が続出し、人も定着しない。賃金抑制してきた結果の経営ミスだ。
会社 経営状況を精査し回答させてほしい

 CTSは、増益にもかかわらず「先行き不透明」とくり返して、賃上げ要求を無視しようとしています。労働者の声を会社に突きつけ、大幅賃上げをかちとろう。

ニュースへのリンク