衆議院議員候補(東京8区) 斎藤いくま を推薦します

衆議院議員候補(東京8区) 斎藤いくま を推薦します
斎藤いくま 政策リーフ

2016年10月13日木曜日

外注化阻止ニュース 第284号

http://www.doro-chiba.org/ga/gaityuuka284.pdf


検修職場で何が起きているのか
動労千葉定期大会での発言
新保全体系の弊害が表面化

 検修職場で何が起きているのか。国鉄分割・民営化後、さまざまな職種が外注化され、検修職場や車両工場の業務も外注化されている。13年前の「メンテナンス近代化(第3期)計画」で検査体系が変わった弊害が出てきている(新保全体系)。動労千葉の定期大会(9月25~26日)での組合員の発言を紹介します。

バラして点検がされてない

 209系、217系のパンタグラフをあげる主バネが折れている事象が結構ある。現在、一斉交換中で、幕張車輌センターでは、209系は9割以上が終了している。
 鉄道総研に原因究明を依頼し、腐食が原因の一つと判明した。つまり工場でちゃんとバラシて点検し、疑わしいものはその場で取り替えれば済む問題だった。しかし新保全体系でずっとやっていない。

多発するドアの開閉不良

 209系2000番台の客室の乗降用のドアは、ステンレスの板が合わさった構造だが(ハニカム構造)、それが剥がれ開閉不良が発生している。配線を束ねるコネクターピンが緑青を吹き錆びている。配線を触ると火花が出るほどひどい状態で、導通不良でドアの開閉不良。これも数件発生し、これも一斉に処置している。
 全車種全編成のパンタグラフにある避雷器(アレスター)の動作開始電圧測定は本来、避雷器動作の電圧の測定は工場でやらなければいけない。それを工場でやらず現場に押し付けている。測定器もないのでメーカーから借りてやっている状況だ。

台車の空気バネのガタツキ

 木更津のDC(ディーゼル機関車)は郡山工場からの出場車だが、台車空気バネの高さ調整弁のガタツキが4か所中3か所で発見された。
 この間、排障器の脱落事故などがあり、取付ボルトの緩みを発見する「合いマーク」を付けるようになっているが、それもあいまい。本来1本のところ2本、3本と書いてあって、どれが合いマークだか分からない状態だった。
 幕張車輌センターにある485系のお座敷電車も郡山工場です。この間、ユニット不動の故障が何回か出て、郡山工場から来てもらったが、結局わからない。大宮工場に依頼して来てもらったら一発で治った。
 若い人から聞いたが、関係者の間では〈郡山工場はヤバい〉と囁かれている。工場でどのようなことが起きているのか? 検修技術そのものが低下してしまっているのか、ベテラン技術員が退職の影響なのか、何よりも工場で進む外注化の影響なのかということです。

ニュースへのリンク