衆議院議員候補(東京8区) 斎藤いくま を推薦します

衆議院議員候補(東京8区) 斎藤いくま を推薦します
斎藤いくま 政策リーフ

2016年10月18日火曜日

11月実行委ニュース 第3号

http://www.doro-chiba.org/pdf/20161106_3.pdf


11月1万結集へ
JR解雇撤回・新10万筆署名を活用しよう

現在 22,089筆!(10月5日現在)

関西生コン支部から 6000を超える署名!

 JRに対する国鉄解雇撤回新10万筆署名が全国から寄せられています。10月5日に集約したところ、2万2089筆となっています。
 関西生コンからの圧倒的な6123筆を筆頭に、東京・三多摩地区の4600筆、新潟2245筆、神奈川1506筆とぐんぐんと寄せられています。
 とりわけ関西生コン支部からの6123筆の決起は、今年の国際共同行動に対する並々ならぬ決意の現れであり、韓国民主労総の決起と一体で、ぜひ多くの職場・地域での奮闘の糧にしていただきたいと思います。

韓国から律動隊の参加が決定


 韓国からは民主労総ソウル地域本部とともに、力強い闘いの踊りを披露してくれる律動隊の参加も決定しました。5日の国際連帯集会と6日の本集会を大いに盛り上げてくれるとのことです。

ドイツとアメリカからも参加が決定


 今年はさらに、ドイツのレーバーネットの仲間、そしてアメリカの鉄道労働者の仲間の参加が決定しました。どちらも日本の国鉄闘争や11月労働者集会への関心をもちながらも、初めての参加となります。
 日韓の国際共同行動への取り組みが、国際的な注目と大きなインパクトを放っていることを示しています。
 あらためて新自由主義攻撃に対して体制内労働運動をうち破って闘う労働運動の国際的団結の歴史的なチャンスが到来しています。このチャンスを最大限に生かし、職場や地域にうってでましょう。

JRへの10・14署名提出行動を成功させよう

 11月共同行動にむかって動労千葉はCTSの就業規則との闘い、JR本体での労働強化との闘いと一体で、JRに対する新10万人署名提出行動に決起します。
 賛同とチケット販売と一体で、まずここにむけてぜひ多くの署名を集めてください。そして14日の署名提出行動を11月共同行動の組織化運動としましょう。
 10月28日にはJRによる外注化粉砕・強制出向無効確認訴訟の第一回証人尋問がおこなわれます。初の大法廷での尋問です。総決起を呼びかけます。




新10万筆署名提出行動
10月14日(金)午後
18時〜
JR東日本本社前(JR新宿南口)
 
動労総連合強制出向無効確認訴訟
第一回証人尋問
10月28日(金) 9時45分〜17時
東京地裁 第103号法廷(大法廷)

ニュースへのリンク